ローンが残る車を「訳あり」にしないで高く売るのがポイント

自動車保険の車両保険

まずは、ローン残の車を売る時に絶対やってはいけないことから話をしてみましょう。

それは車買取店1軒だけを相手にした売却交渉をしてはいけないということです。

それはなぜかというと、車買取店との交渉の過程でローン残の車がなんか「訳あり」の車のような感じになってしまい、高額売却が難しくなってしまう心配が大きいからです。

車買取店は車を少しでも安く買い取るプロであり、通常の車でも私たち素人が「言い値」を覆し査定額を上げてもらうことなど至難の業です。

ましてやローン途中の車なら、「何か事情があって売り急いでいるのだろう」などと、まずはこちらの事情を値踏みされることになるでしょう。

また通常の車と違ってローン清算金の立て替えや所有権移転の手続きが必要なので、そのことをネタに負い目を持たされるような展開になるかも知れません。

ともかくあの手この手で売る側が強気に出れないようになれば車買取店はいい仕事をしたことになります。

ローン残の車 一括査定のフィルターを通してローン残の「負い目」を断ち切る

さて、このようなことを避けるにはどうすればいいのでしょうか。

その方法は一括査定を利用して1社だけではなく複数の車買取店に査定をしてもらうしかありません。

自分で車買取店を複数廻ることも出来ますが、1軒目が車買取店の「いい仕事」で低調な査定になったらそれがベースとなって低レベルの競争に終わってしまうでしょう。

一括査定というプロ同士の競争が前提のフィルターを通すことによって、初めてローン残の車が「訳あり」でない通常の車のような評価を受けることが出来るようになるのです。

素人相手ではなくプロどうしの競争になるのですから「なぜローン途中の車を売るんだろう」などと値踏みしている暇なんかありませんし、当たり前のサービスになっているローン清算金立て替え、所有権移転手続きのことを恩着せがましく持ち出すこともありません。

一括査定によって一挙に「売り手市場」となり車買取店は「訳あり」なんか眼中になくなってしまうという訳です。

自動車保険の車両保険

一括査定は、各社の競争によって査定額がつりあがるというメリットも大きいのですが、ローン残の車の場合はこのように売り手側の「負い目」を断ち切ることが出来るというメリットも大きいと思います。

ローン途中の車だからこそ一括査定を通してレベルの高い競争をしてもらう必要があるのです。

時間があまり取れない場合は一括見積りを一つだけ申し込んで数社程度の競争でも充分だと思いますし、その場合は次の二つのサービスからどちらかを選べば問題ないでしょう。


     ■かんたん車査定ガイド
      入力は1分以内。申込み直後に取引実績に基づく概算価格がわかるのも便利です。
                        詳細はコチラ こちら かんたん車査定ガイド

     ■ズバット車買取比較
      大手を含む100社以上から厳選された8社に一括で査定依頼することができます。
                         詳細はコチラ こちら ズバット車買取比較


また、ローン清算のための現金持ち出しを避けるため、もっと多くの車買取店に査定してもらい徹底して高額査定を目指すと言うのであれば、二つ目あるいは三つ目の一括査定としては次のカーセンサー.netが良いでしょう。

この一括査定は査定をしてもらう業者を指定することによって業者の重複を避けることが出来るからです。


     ■カーセンサー.net
      電話でなくメールでの査定額通知を選べます。買取り業者の指定が可能。
                   詳細はコチラ こちら カーセンサー.net簡単ネット査定


ローン残の車 ローン残の車を売却するまでの流れ

車のローンには自動車ディーラーが提供する信販系のローンと、銀行など金融機関のローンとがあります。

このサイトでは圧倒的に多いディーラーで組んだローンの車を売却する場合を中心に話を進めます。
(銀行などのローンの車を売る時の注意点についてはコチラで ⇒ マイカーローンの車売却の注意点

ディーラーで組むローンの特色は車がローンの担保になっていることです。

車検証の「所有者」の欄を見ればわかりますが、ローン中は車の所有者がローン会社あるいはディーラーになっていて、ローンの支払いができなくなれば車が引き上げられる形になっています。

ローン中は自分の車ではありませんから、その車を売るためには残債を清算して所有権を自分のものにする必要があります。

こう書くと「清算のための現金が要るのか」「手続きも面倒そう」と感じるかもしれません。

でも実際には心配御無用です。車買取店には次のように通常の車と同じような流れで売却できるサービスが用意されているからです。

①車の査定を行い売却額を決める

②車買取店が売却額(立替え)によってローンの清算を行い所有権移転の手続きも行う

③売却額がローン清算額に足りなかった時は不足の現金を車買取店に支払い、逆に売却額があまった場合は差額現金を受け取る

もちろん手続き代行も清算のための現金立替えも無料で行ってもらえます。

ですから、ローン中の車を売る時の最大のポイントは、手続きなどの心配よりも、

ともかく1万円でも千円でも車を高く売るということです。

査定額が高ければ高いほどローンの清算のための現金持ち出しを少なくできます。

たとえばローンが60万円残っている場合、査定額が40万円だと20万円の現金が必要になりますが、査定が50万円だと10万円の持ち出しで済むことになります。

査定を頑張ってもし70万円で売ることができれば、逆に10万円の現金が手に入り次の車の頭金にすることもできます。


ローン残の車車を高く売るにはどうすればいいのか

車をできるだけ高く売るためのポイントは次の二つです。

<ポイント1>ディーラーの下取りは避けること

ディーラーの査定基準は日々変動する実際の中古車市場の実勢価格を反映したものではありません。
オークション相場を見ながら高額買取を行う車買取店より高い査定はほとんど期待できません。

<ポイント2>1社だけでなく複数の車買取店の査定額を比べること

車買取店といっても1社だけでは競争も無く本当に査定が高額なのか見当が付きません。
車一括査定という【無料】サービスを利用して複数社の査定額を比べ、一番高いところに売却します。


一つの一括査定で少なくとも3~4社から実車査定のオファーがあると思いますが、
もっと多くの車買取店の査定を比較して少しでも高く車を売りたいという場合は、上の一括査定を二つ、あるいは三つとも利用するという方法もあります。

数年前一括査定で6社に査定してもらったことがありますが土日などうまくスケジュールを組めば1日で終えられます。

また、下で紹介するように各社同時に査定をしてもらうという方法も可能です。

一括査定申込み後「車を査定させてください」という電話オファーがあればあるほど車が高く売れる証拠であり、嫌がってなどいられないのですが、

どうしても、電話が苦手だったりで自分のペースで各社を比べたいという場合は、次に紹介する3サービスのうちの三つめ「カーセンサー.net簡単ネット査定」を利用すれば、電話でなくメールでの回答が選択できます。

     ■かんたん車査定ガイド
      入力は1分以内。申込み直後に取引実績に基づく概算価格がわかるのも便利です。
                        詳細はコチラ こちら かんたん車査定ガイド

     ■ズバット車買取比較
      大手を含む100社以上から厳選された8社に一括で査定依頼することができます。
                         詳細はコチラ こちら ズバット車買取比較

     ■カーセンサー.net
      電話でなくメールでの査定額通知を選べます。買取り業者の指定が可能。
                   詳細はコチラ こちら カーセンサー.net簡単ネット査定

※車の一括査定とは
中古車の業者オークションの普及を背景に90年代から新しい業態の「中古車買取専門店」が全国各地に登場しました。 オークション相場を見ながら中古車の高価買取をするというスタイルでディーラー下取りに代わり市場を大きく広げました。
この中古車買取専門店と提携し、複数の業者に一括して査定依頼ができるようにしたのが「車の一括査定」という無料サービスです。
一括査定はいずれも上場企業などしっかりした企業が運営しており、車買取店は他社との競争を前提にした査定を行うので、今では愛車を高く売りたい人にとって欠かせないサービスとなっています。


遠慮せずに各社同時査定で時間を節約しよう

車を高く売るにはできるだけ多くの車買取店に査定してもらうのがいいとわかっていても、なかなかそのための時間が取れないという場合もあるかもしれません。

また、複数の車買取店と1社ずつ訪問査定の日時や価格交渉を行うのは面倒だし、苦手だという場合もあるかもしれません。

そのような場合は思い切って各社に同じ時間に来てもらい同時に査定をしてもらうという方法があります。

このやり方のポイントは、「自動車税は別だて、リサイクル料金は込み、引渡しは○月○日」のように条件を決め、「今日この条件で一番高い査定額のところにこの場で決める」とはっきりと伝えることです。

もし「この場では金額を出せない」というような業者がいたらお帰りいただけばいいだけです。

査定が全社終わったら査定士がそれぞれ上司に連絡する時間をおいてから金額を決めてもらいます。

各社とも金額が決まったら、名刺の裏やメモ用紙に金額を書いてもらい入札してもらうか、各社一斉にオープンしてもらいます。

一番高いところに決定し、契約手続きに入っていきます。

各社の査定士も慣れたものこのようなやり方を嫌がることはありません。

査定士経験者の話では、むしろこういうやり方のほうが決定後すぐに契約にすすめるので気分的にすっきりして良いということですよ。

買取額は高くなるが査定と契約がその日のうちに終わり面倒な後日フォローも無い、つまりほとんど手間がかからないので時間労力値段でかえって得になると公言している買取店関係者もいるくらいです。

ネットでは「談合の心配があるから同時査定は避けた方がいい」という意見を見かけたりしますが、管理者の経験(アコードワゴンを6社同時査定で売却)から見て談合などあり得ないと言えます。

各社とも全く初めてみる車をオーナーの目の前で一斉にチェックし査定額をよーいドンで一発提示するのです。物理的に談合など不可能ですしそのメリットもないと思います。

万が一地元中小業者の間でプチ談合のようなものがあったとしても、全国展開の上場企業同士の一発真剣勝負に価格面で吹っ飛ばされてしまうと思いますよ。


ローン中の車はなぜ車買取店で売却した方が良いのか

ローン中の車はなぜディーラー下取りや中古車販売店等でなく車買取店で売却した方が良いのでしょうか。

ズバリ簡単に言えば、車を高く売却できる可能性が一番高いのは車買取店だからです。

中古車販売店でもバックオーダーがあったりすれば高い査定が期待できるかもしれませんが、いつもそうだとは限りませんしローン清算や手続きの代行も通常は用意されていません。

ディーラーは手続きの面での心配はありませんが、何しろ査定額が低すぎます。

ディーラーの下取り査定は系列ごとに定められている査定基準表を基にして行われます。

この査定基準は系列の販売店間で査定額の違いが出ないようにすることが主眼になっているようで、日々変動する中古車相場を反映したものではありません。

車買取店は全国の中古車オークションの落札相場をほぼリアルタイムで把握し、その実勢価格をにらみながら高額査定を行っていますが、ディーラーの査定基準は固定的なもので改訂も年2回程度だと言われています。

しかも、下取り車は系列の中古車販売店で展示販売されることからマージンがディーラーと中古車販売店の2段階になり、車買取店では不要な在庫経費なども嵩みます。

このように体質的にマージンを大きく取らなければペイしないディーラー下取り価格は、買取車をすぐ中古車オークションで売り捌く車買取店の査定額にかなうわけがないのです。

ディーラーが下取り車を車買取店に転売して利益を出すというのは本当にある話のようですが、車によってはそうやっても利益が出るくらいディーラーと車買取店の査定額には差があるということなのでしょう。

オーナーがどうしても下取査定額に納得できない場合、車買取店を紹介するという良心的な?ディーラーもあるくらいですから、当然ディーラー側も車買取店の方が高額査定になるというのは承知のことなのでしょう。

どれほど両者の査定額に違いがあるのか良くわかるサイトがあります。⇒下取りと買取りの査定額の違い

このサイトのアンケート結果では、下取査定提示額と実際の買取査定額との差が5,657件の平均で10万円を超えています。

個別に見れば20万円以上、30万円以上違うという例もたくさん見ることができますよ。

ただし、これは一括査定で各社が競争して出た結果ですから、やはり車買取店であっても1社だけの査定では高額査定がおぼつかないということになります。

確かに一括査定で各社を競争させれば1社だけの査定より手間と時間がかかりますが、現金持ち出しが減る、無くなるという明確なご褒美が期待できるのですから、頑張りがいもあるというものです。


車買取店の手続代行、清算金立替えのサービスを上手に利用する

明確な統計を見つけることができませんでしたが、車の購入者の約6割の方が何らかの形でローンを利用しているようです。実際にはもっと多いかもしれません。

車買取店は車を買い取ってナンボの商売ですから、このようにたくさん居るローン利用の車オーナーも当然ながらターゲットにして買い取り実績を挙げようとしています。

ローン中の車でも買取りができなければ業界の中で勝負になりませんから、名の通った業者であれば大体どこでもローン残の車を円滑に査定、買取りできるよう、ローン清算金の立替え、手続き代行などのサービスが用意されているはずです。

全部調べた訳ではありませんが、少なくとも当サイトが紹介するような大手一括査定サービスに参加し全国どこでも訪問査定をするような業者であればローン中の車でも手続きのことは心配しなくていいはずです。

ローンが残っている車を売る場合は、このような車買取店のサービスに乗っかり、それを上手に利用して売るのが賢い方法だということになります。

しかも、車買取店は下取りなどより高額な査定、買取りをウリにしたビジネスモデル、少しでも高く売りたいローン残の車の売却先としてピッタリです。

そしてこのような車買取店を複数で競争させることにより買取額を限界ぎりぎりまで攻めることができます。

車買取店の買取車1台あたりの平均マージンは10万円弱といったところのようですが、複数社の査定競争になればこのマージンを削りあっての勝負になります。

簡単な入力で多くの業者に網をかけることのできる【無料】一括査定で、ぜひ多くの車買取店を競争させ、限界に挑戦してみてください。


清算に不足する差額を現金で用意できない時、何かいい方法はないのか

査定額がローン残額よりも高くなれば、ローンの清算ができる上、差額の現金まで戻ってきますので万々歳ですね。

でも一括査定で高額査定を頑張っても、車の状態などからどうしても査定額がローンの残額に届かないという場合もあるでしょう。

さらに、その不足する差額を現金で用意できないという場合もあるかも知れません。

そんな場合、新しい車のローンへの上乗せ車買取店独自の残債ローンを考えることになりますが、それらも不可能な時は売却をあきらめるしかないのでしょうか。

いえ、方法はあります。
金利が通常のローンより高めなので最初からおすすめはできませんが、カードローンという銀行系のフリーローンで不足する現金を用意するのです。

大手銀行のフリーローン(何に使ってもいいローン)ですから、貸金業者からのキャッシングと違い金利もそこそこですし、保証人も不要、入会金・年会費は0円、ネットの審査でカードが届き来店不要という手軽さがありがたいです。

中にはカードローンで新車を買う方も居られるようですが、そんな使い方ではなくローン清算の不足額程度の融通ならちょうどいい方法なのではないでしょうか。

車の状態などで査定額に自信が持てないときは、一括査定と並行してカードを作って置けば安心かも知れません。


銀行などマイカーローンの車売却の注意点

車が担保になっていない銀行など金融機関のローンの場合は、自分所有の車ですから基本的に売買は自由に行えるということになります。

ただし、金融機関によってはローン途中の売却について何らかの制限が設けられている場合もあります。

ですから、売却する前にローンの契約を良く確認するか、それが面倒であれば銀行などに確認してみることをおすすめします。

売却してしまってから契約に違反していたということになれば、要注意リストに載りその後のローンの利用などが難しくなってしまうかもしれません。

バレなければいいという問題ではなく、金融機関におけるあなたの信用度に関わる問題になりますので注意が必要です。

ローン中の車を売る時の流れ(まとめ)

ローンが残っている車を売る時のおすすめの手順をまとめとして整理してみました。

まずは全体の流れのイメージを頭に入れてからアクションを起こせば円滑に進むと思います。

①車検証で車の「所有者名義」を確認する。

 ・自分の名義になっている ⇒ 特別な手続き無しにそのまま売却することができます。
                ※金融機関のローンの場合は念のため契約上の取扱いを確認すること。

 ・ローン会社等の名義になっている ⇒ ローンを完済して所有権移転の手続きが必要。
                    車買取店の清算、手続き代行サービスを利用すると簡単。

②査定立会いができる日時を設定し【無料】一括査定の申込みを行う。

 ・各社同時査定で売り先を決める場合は1時間半程度、長くても2時間も取れればOKでしょう。

 ・1社ずつ査定を受ける場合は1社当たり30分から1時間で大丈夫だと思います。
  突っ込んだ商談をせず「全部終わってから一番高いところに決めます。」といえばいいです。
  ※査定額に影響するかもしれませんので査定前に車の引渡し日を決めておきましょう。

③査定額が一番高いところに売却先を決め契約を行う。

④ローン精算額と売却額との差額の処理を行う。

 ・売却額がロン残額に届かない場合は差額の現金を支払う。
 ・逆に売却額がローン清算額を上回った時は差額の現金を受け取る。

⑤予め決めておいた日に車の引渡しを行う。

大体このような流れになります。

全体的な注意点として知っておきたいのは、相手はプロだけに個別の交渉で価格を上げようとしてもなかなか簡単にはいかないということです。

もし競争相手が居らずオーナーも相場がわからなければ、あれこれとマイナスポイントを挙げていくらでも買い取り価格を下がることができるでしょう。

その意味でも同時査定と価格の同時オープンによる売却先決定がおすすめです。

ご健闘と良い結果をお祈りして居ます。


■当サイトの主な内容

このサイトでは、ローン支払期間中の車の売却について調べてみたことを整理してみました。

まずは車検証で所有者が誰なのかを確認する

ローンが残っている車を売る時の注意点やケース別の具体的方法を紹介。

ローンを残したまま所有権解除の承諾を得る

特別な事情でローンを残したままの所有権解除をローン会社に相談するという方法について解説。

ローン残の車を売るなら高額査定を目指せ

ローン残の車を売る時は高額査定を狙い清算代金の捻出を目指そう。

車の残価設定型ローンってどんなローンなの?

新タイプの残価設定型ローンについてしくみやメリットなどを説明しています。

残価設定ローンの注意点

残価設定型ローンの見落としやすい注意点について調べてみました。

残価設定ローンの車を売ることができるのか?

残価設定ローン期間途中の車を解約・売却する方法について解説しています。

自動車ローンと銀行系カードローンの違い

自動車ローンと銀行系カードローンの特徴や注意点を整理してみました。

上乗せローンの注意点

査定額とローンの残額との差額を次の車のローンに上乗せする「上乗せローン」の注意点を調べてみました。

残価設定型ローンの大きいデメリット

残価設定ローンの一番大きいデメリットは通常ローンに比べて金利負担が大きくなることです。

査定額がローン残額に満たない時はどうすればいいのか

査定額とローン精算額との差額を生める方法についていくつか紹介しています。


※クルマのはなし一行メモ
ディーゼル車はガソリン車に比べて頑丈で多走行になることの多い車。
多走行のディーゼル車でも海外向けなら立派に査定額が付きます。

<最近の投稿>
人気車なら査定・買取は強気で臨む ~ 愛車が売れ筋の人気車なのかどうかを知る
外車の買取はやはり外車専門店がベスト ~ 外車専門店、外車OKの買取店を探せ
事故車でも査定・買取を行う専門業者がある ~ 事故で壊れた車が海外で再生されてよみがえる
修復歴に該当する修理なのかどうかがポイント ~ 「事故に遭った車」が皆「修復歴車」になる訳ではない
車のオンライン査定を使わない手はない ~ オンライン査定で概算相場額を知ることができる
車の査定~内装のチェック ~ シート部分の汚れやキズ、車内の臭いなどがチェックされる
車の査定~エンジンルームのチェック ~ エンジン本体、各装置などのほかに修復歴もチェックされる
車の査定~塗装部のチェック ~ 塗装の修理は必ず見破られる
車の査定~外観部のチェックポイント ~ 外観部ではボディー、塗装、足回りがチェックされる
中古車販売店が車買取へ本格参入する訳 ~ 車買取専門店に対する中古車販売店の逆襲
車買取専門店をどう利用すればいいのか ~ 車買取店巡りと一括査定の二つの方法がある
車買取専門店の無整備車の販売 ~ 中間の整備費用も省略して更に価格競争力を高める
車買取専門店の新しい販売戦略 ~ 車買取と中古車販売を合体させて中間コストを省略


<当サイトのメニュー>
ホーム所有者が誰なのかを確認ローン残のまま所有権解除売却では高額査定を目指せ
残価設定型ローン残価設定型の注意点残価設定型ローンの車を売却車のローンとカードローン
上乗せローンの注意点残価設定型のデメリット査定額が残債に届かないローンの引継ぎ

  知らなきゃ損!  車のローン、売却の耳よりな情報


このページの先頭へ