" ローンが残っている車を売るための簡単ガイド

車検証を見て所有者の名義を確認する

ローンの残債がある車を売ろうとする場合、まずは車検証(自動車検査証)で所有者の確認をしなければなりません

車検証の中央付近に「所有者」の住所と氏名欄があります。

その「所有者」の名義が誰になっているのかを確認します。

現金一括払いで車を購入している場合はもちろん、ローンを組んだ場合でも銀行ローンなどの場合は「所有者」があなたの名義になっているはずです。

この場合は、ローンが残っていても特別な手続き無しにその車を売却することができます。

ところが、それ以外の場合は「所有者」の名義が自動車販売店、あるいはローン会社(クレジット会社)になっているはずです。

これはどういうことかというと、ローンを組んだ車自体がローンの担保になっており、完済されてから所有権があなたに移るということなのです。

このような契約を「所有権留保」といいますが、所有権が留保されている間は自動車販売店、あるいはローン会社名義の車を使用しているということになります。


■所有権留保の車は所有権を解除して貰わないと売ることができない

ローンがまだ残っていて「所有権留保」の状態になっている車は、もちろん自分名義の車ではありませんから勝手に売ることはできません。

売るためには、この所有権を解除してもらって自分の名義にしなければなりません。

そのため、現在返済中のクレジット会社 (ローン会社)、自動車販売会社から所有権解除に関する承諾得るなどの手続きが必要になります。

また、この承諾を得るためには基本的にローン残債の一括返済が必要になります。

<参考>
クルマ査定の疑問解決サイト
自動車ローン以外の疑問もスッキリ解決。


■買取専門店が必要な手続きを代行してくれる

ローンの残っている車を個人売買で売る場合には、これらの手続きを自分で行わなければなりません。

また、残債の一括返済の現金も用意しなければならず、なかなかハードルが高いことになります。

でも、買取専門店に売るのであれば、所有権解除のための手続きを代行してくれますし、残債の一括返済についても買取査定額を充てる形で立て替えてくれることが多くなっています。

もちろん、買取査定額が一括返済額に足りない場合は、差額の現金が必要になりますが。

事情があってローン残のある車を売るときは、できるだけ高く買い取ってくれる買取専門店を利用するのがいいでしょう。


※こんな話どうかな?
海外で人気の日本の中古車。中でも商用車は特に人気が高いようです。
バスやワンボックスなど中古商用車が多走行であっても高い値段で取引されています。

<最近の投稿>
人気車なら査定・買取は強気で臨む ~ 愛車が売れ筋の人気車なのかどうかを知る
外車の買取はやはり外車専門店がベスト ~ 外車専門店、外車OKの買取店を探せ
事故車でも査定・買取を行う専門業者がある ~ 事故で壊れた車が海外で再生されてよみがえる
修復歴に該当する修理なのかどうかがポイント ~ 「事故に遭った車」が皆「修復歴車」になる訳ではない
車のオンライン査定を使わない手はない ~ オンライン査定で概算相場額を知ることができる
車の査定~内装のチェック ~ シート部分の汚れやキズ、車内の臭いなどがチェックされる
車の査定~エンジンルームのチェック ~ エンジン本体、各装置などのほかに修復歴もチェックされる
車の査定~塗装部のチェック ~ 塗装の修理は必ず見破られる
車の査定~外観部のチェックポイント ~ 外観部ではボディー、塗装、足回りがチェックされる
中古車販売店が車買取へ本格参入する訳 ~ 車買取専門店に対する中古車販売店の逆襲
車買取専門店をどう利用すればいいのか ~ 車買取店巡りと一括査定の二つの方法がある
車買取専門店の無整備車の販売 ~ 中間の整備費用も省略して更に価格競争力を高める
車買取専門店の新しい販売戦略 ~ 車買取と中古車販売を合体させて中間コストを省略


<当サイトのメニュー>
ホーム所有者が誰なのかを確認ローン残のまま所有権解除売却では高額査定を目指せ
残価設定型ローン残価設定型の注意点残価設定型ローンの車を売却車のローンとカードローン
上乗せローンの注意点残価設定型のデメリット査定額が残債に届かないローンの引継ぎ

  知らなきゃ損!  車のローン、売却の耳よりな情報


このページの先頭へ