ローン会社の承諾を得る手続き~ローンを残したまま特例で承諾を得る

ローン会社から所有権解除の承諾を得る方法は二通りあります。

・ローン会社との交渉によりローンを残したまま特例的に承諾を得る

・ローンの残額を全額返済する(ローンの清算)

まず、一つ目の「ローン会社等に相談して承諾を得る」という方法です。

この方法だとローンの支払いを継続する形で車の売却が承認されることになります。

でも現実には、この承諾を得るのはかなり難しいことのようです。


■ローンの支払いを継続する約束で車の転売が承認

ローンの清算をせずに車を売却するための承諾を得るのは、かなり特別な理由がないと無理のようです。

ローン会社にしてみれば、承諾はいざという時の担保を手放すというリスクを負うことになるのですから、審査が厳しくなるのは当然ですようね。

ローンの支払いがきちんと行われていることはもちろん、車を売らなければならない事情などが厳しく審査されることになるでしょう。

「新型が出たから買い替え」「飽きたから乗り替え」などの理由では話を聞いてさえくれないかもしれませんね。

ローン会社によっては、審査が厳しいどころか受付さえ行っていない所もあるようですよ。


■承諾が得られたとしても後遺症が残るかもしれない

特別の事情が認められて承諾が得られたとしても、この方法の場合は条件が付いたりなどで思う形での売却が不自由になる可能性もありえます。

また経済面など特別の理由による承認ですので、そのような事情が履歴として残り、 その後一定期間は新しいローンの審査などがかなり厳しくなることもありえるでしょう。

こうしてみると、この方法はかなりのエネルギーとリスクを覚悟しなければならず、本当に深刻な事情がある場合でなければ現実的な方法ではないと思われます。

通常は、ここまでするくらいならローンの完済まで今の車に乗ろうかということになるのではないでしょうか。

またローン清算の現金を何とか準備して、すっきりした形で買い替えを行うのではないでしょうか。


自動車ローン以外にもクルマの査定・売却には疑問点がたくさん。
 ⇒ 車査定・売却の疑問

<最近の投稿>
人気車なら査定・買取は強気で臨む ~ 愛車が売れ筋の人気車なのかどうかを知る
外車の買取はやはり外車専門店がベスト ~ 外車専門店、外車OKの買取店を探せ
事故車でも査定・買取を行う専門業者がある ~ 事故で壊れた車が海外で再生されてよみがえる
修復歴に該当する修理なのかどうかがポイント ~ 「事故に遭った車」が皆「修復歴車」になる訳ではない
車のオンライン査定を使わない手はない ~ オンライン査定で概算相場額を知ることができる
車の査定~内装のチェック ~ シート部分の汚れやキズ、車内の臭いなどがチェックされる
車の査定~エンジンルームのチェック ~ エンジン本体、各装置などのほかに修復歴もチェックされる
車の査定~塗装部のチェック ~ 塗装の修理は必ず見破られる
車の査定~外観部のチェックポイント ~ 外観部ではボディー、塗装、足回りがチェックされる
中古車販売店が車買取へ本格参入する訳 ~ 車買取専門店に対する中古車販売店の逆襲
車買取専門店をどう利用すればいいのか ~ 車買取店巡りと一括査定の二つの方法がある
車買取専門店の無整備車の販売 ~ 中間の整備費用も省略して更に価格競争力を高める
車買取専門店の新しい販売戦略 ~ 車買取と中古車販売を合体させて中間コストを省略


<当サイトのメニュー>
ホーム所有者が誰なのかを確認ローン残のまま所有権解除売却では高額査定を目指せ
残価設定型ローン残価設定型の注意点残価設定型ローンの車を売却車のローンとカードローン
上乗せローンの注意点残価設定型のデメリット査定額が残債に届かないローンの引継ぎ

  知らなきゃ損!  車のローン、売却の耳よりな情報


多走行車の売却方法

このページの先頭へ