" ローン残の車を売るなら高額査定を目指せ

ローン残の車を売るならできるだけ高い査定額を目指そう

特別な理由によりローンを残したまま所有権を解除するのはかなりハードルが高いことがわかりました。

実際ほとんどの場合、所有権解除の承諾はローンの全額を返済することによって行われています。

残債を完済してローンを一旦清算してしまう訳です。

ローンを清算する方法としては、現金で一括返済するというのが一般的です。

車を売るためにローンを清算するのですから、その売却代金でローンの残額を完済できれば理想的です。

実際に車買取専門店では、そのようなローン清算を含めた手続きの代行を行っている場合が多く、個人売買などに比べてはるかに簡単にことを運ぶことができます。

ローンが残っている車でも、所有権解除などの手続きの心配無しに、高額査定を獲得することに専念することができます。


車を高く売ろうと思うなら無料一括査定
による各社比較が欠かせませんね。

自宅にいたままで訪問査定をしてもらえますよ。


■査定額がローンの残額より安かったらどうなるのか

ローン残の車を買取専門店でうる場合、車の査定額によって取り扱いに違いが出てきます。

まず、査定額がローン残額より高い場合は、嬉しいことに差額があなたに戻ってくることになります。

たとえばローン残額60万円の車の査定額が75万円であったとすれば、15万円の現金が手元に残ることになります。

逆に、査定額がローン残額に満たない場合は、差額の現金を用意しなければなりません。

上の例で査定額が50万円になったとすれば、不足の10万円の現金が必要になります。

このように、ローン残の車を売る場合は査定額が清算に必要な額より大きくなるか小さくなるかによって大きい影響が出ます。

是非一括査定を利用して、多くの買取専門店に査定してもらい、できるだけ高額の査定額を目指したいものですね。


■査定額が不足する場合は新しいローンで借り換えも可能

査定額がローン残額に届かずに差額の現金が必要だが、すぐには準備できない場合はどうすればいいのでしょうか。

これは次の車をまたローンで購入する場合に限られますが、次の車のローンにその差額分を上乗せして新しいローンを組むという方法が可能です。

買取専門店でこのサービスを行っている場合がありますので、率直に相談してみるのがいいでしょう。

次の車は購入しないという場合は、差額をフリーローンなど新しいローンに置き換えるという方法もあります。

ただし通常のカーローンと違いローンの金利は倍以上の高いものとなるでしょう。

カーローンの場合は車という担保があるので金利が安くなっていますが、担保なしの貸し出しになりますので金利が高くなってしまうのです。


※クルマの話あれこれ
多走行車を下取りに出すと、おそらく100%「査定ゼロ、引き取っても廃車」ということになるでしょう。
多走行車・過走行車は一括見積りを活用して車買取店で売却しましょう。

<最近の投稿>
人気車なら査定・買取は強気で臨む ~ 愛車が売れ筋の人気車なのかどうかを知る
外車の買取はやはり外車専門店がベスト ~ 外車専門店、外車OKの買取店を探せ
事故車でも査定・買取を行う専門業者がある ~ 事故で壊れた車が海外で再生されてよみがえる
修復歴に該当する修理なのかどうかがポイント ~ 「事故に遭った車」が皆「修復歴車」になる訳ではない
車のオンライン査定を使わない手はない ~ オンライン査定で概算相場額を知ることができる
車の査定~内装のチェック ~ シート部分の汚れやキズ、車内の臭いなどがチェックされる
車の査定~エンジンルームのチェック ~ エンジン本体、各装置などのほかに修復歴もチェックされる
車の査定~塗装部のチェック ~ 塗装の修理は必ず見破られる
車の査定~外観部のチェックポイント ~ 外観部ではボディー、塗装、足回りがチェックされる
中古車販売店が車買取へ本格参入する訳 ~ 車買取専門店に対する中古車販売店の逆襲
車買取専門店をどう利用すればいいのか ~ 車買取店巡りと一括査定の二つの方法がある
車買取専門店の無整備車の販売 ~ 中間の整備費用も省略して更に価格競争力を高める
車買取専門店の新しい販売戦略 ~ 車買取と中古車販売を合体させて中間コストを省略


<当サイトのメニュー>
ホーム所有者が誰なのかを確認ローン残のまま所有権解除売却では高額査定を目指せ
残価設定型ローン残価設定型の注意点残価設定型ローンの車を売却車のローンとカードローン
上乗せローンの注意点残価設定型のデメリット査定額が残債に届かないローンの引継ぎ

  知らなきゃ損!  車のローン、売却の耳よりな情報


このページの先頭へ