残価設定型ローンのしくみ

テレビで「月々3,900円」とか「月々5,900円」とかで新車に乗れるというコマーシャルを目にするようになりました。

これがいわゆる「残価設定型ローン」といわれるローンで車の購入を勧誘しているCMです。

初めての車購入で下取り車がない若い人など、手の届きやすい車の購入法として魅力的に映るかもしれませんね。

この残価設定型ローンは具体的にどんなローンかというと、

たとえば新車価格が200万円の車であれば、3年後の「残価」を100万円に決め、残価100万円以外の分(200万円-残価100万円=100万円)を3年間のローンで支払うというものです。

将来の下取り価格(残価)を購入時に設定し、クルマの本体価格から残価を差し引いた金額だけを当面分割払いするというわけです。

当面の支払は残価を差し引いた分だけですので、分割により毎月の支払いが少なくなるのが一番大きな特徴です。

毎月の負担が小さくなるので、「ワンランク上のクルマにも気軽に乗れる」というのもキャッチフレーズになっているようです。

でも、ちょっと考えれば、残っている残価はどうなるのだろうか?、支払わなくても良いいのだろうか?などという疑問が浮かんでくると思います。


クルマ一括査定で下取り車を高額売却して新車は残価設定ローンで購入。これがある意味最強でしょうか。


■3年後に残価はどういう形で清算されるのか

残価設定ローンでは3年後の残価について次の3つから選ぶことができるようになっています。

①新車に買い替える・・・残価設定ローンを組んだ同じ会社で新車に買い換えることができます。残価は下取り査定額とチャラになる形になります。

②車を返す・・・最終回の支払い時に車を返してしまうという方法です。やはり3年後の査定額が残価とチャラになるという形です。

③車を買い取る・・・現金一括払いか新しいローンを組んで車を自分のものにするという方法です。

こうしてみるとこのタイプのローンのポイントは3年後の車の評価額がどうなるのかということになりそうですね。

最近は残価を保障するタイプもあるようですが、中古車の相場は予測できがたい面があることから、何か危なっかしいものを感じます。

実際、ディーラー営業マン経験者の方などの話では、3年目の清算時にトラブルになることが少なくないようです。

中には、「私だったら勧めません」とか「まともなセールスだったらすすめません」という方も居られます。

3年後、あるいは5年後の中古車価格という不確定要素を「残価」として設定すること自体、何か違和感を感じるのは私だけでしょうか。


※ちょっとお耳を拝借
走行距離が大きい場合「多走行車」と「過走行車」という言い方がありますが、厳密な違いはないようです。
年間1万キロを超える車を過走行車という場合もあるようです。

<最近の投稿>
人気車なら査定・買取は強気で臨む ~ 愛車が売れ筋の人気車なのかどうかを知る
外車の買取はやはり外車専門店がベスト ~ 外車専門店、外車OKの買取店を探せ
事故車でも査定・買取を行う専門業者がある ~ 事故で壊れた車が海外で再生されてよみがえる
修復歴に該当する修理なのかどうかがポイント ~ 「事故に遭った車」が皆「修復歴車」になる訳ではない
車のオンライン査定を使わない手はない ~ オンライン査定で概算相場額を知ることができる
車の査定~内装のチェック ~ シート部分の汚れやキズ、車内の臭いなどがチェックされる
車の査定~エンジンルームのチェック ~ エンジン本体、各装置などのほかに修復歴もチェックされる
車の査定~塗装部のチェック ~ 塗装の修理は必ず見破られる
車の査定~外観部のチェックポイント ~ 外観部ではボディー、塗装、足回りがチェックされる
中古車販売店が車買取へ本格参入する訳 ~ 車買取専門店に対する中古車販売店の逆襲
車買取専門店をどう利用すればいいのか ~ 車買取店巡りと一括査定の二つの方法がある
車買取専門店の無整備車の販売 ~ 中間の整備費用も省略して更に価格競争力を高める
車買取専門店の新しい販売戦略 ~ 車買取と中古車販売を合体させて中間コストを省略


<当サイトのメニュー>
ホーム所有者が誰なのかを確認ローン残のまま所有権解除売却では高額査定を目指せ
残価設定型ローン残価設定型の注意点残価設定型ローンの車を売却車のローンとカードローン
上乗せローンの注意点残価設定型のデメリット査定額が残債に届かないローンの引継ぎ

  知らなきゃ損!  車のローン、売却の耳よりな情報


このページの先頭へ