残価設定ローンも通常ローンと同様清算すれば車を売却できる

残価設定型ローンの車をローン期間中に売る場合も、基本は通常のローンと同じです。

ローンの残高を清算して自分の所有権にしてから売るということになります。

残価設定型ローンで注意しなければならないのは、月々の支払額が通常のローンより少ない分清算時のローン残高が大きくなり、清算に必要な金額が大きくなるということです。

ですから清算に充てる売却代金をできるだけ確保するために、通常のローンの場合より一層高額売却の努力が必要になります。

車の高額売却に欠かせない【無料】一括査定に大いに活躍してもらいましょう。

一括査定サービスを一つと言わず、二つ、三つと利用してもいいかもしれません。

手間と時間がかかりますが現金持ち出しや上乗せローンを減らすためなら頑張りがいがあるというものです。

ネットでは一括査定を複数使い、10社を超える買取り業者に競争させたという例なども見ることができますよ。

管理人も使ったことのあるおススメの【無料】一括査定サービスは次の3つです。

  サービス名            詳  細

かんたん車査定ガイド

ともかく入力が簡単!人気急上昇中の一括査定
●最短32秒の入力で最大10社からの一括見積が可能。
●中古車の買取一括査定サイトの決定版です。
●入力後すぐに概算査定額がわかり相場のチェックにも最適です。

詳細はこちら⇒ かんたん車査定ガイド

ズバット車買取比較

全国展開大手の買取業者が多数参加
●大手を含む107社から厳選された8社に一括で査定依頼。
●人気薄の車や過走行車に強いと定評がある一括査定です。
●毎月の買取強化車種であれば更に好条件が期待できます。

詳細はこちら⇒ ズバット車買取比較

カーセンサー.net
簡単ネット査定

あの雑誌カーセンサー運営のオンライン一括査定
●加盟業者数が多いのが最大の特徴で地方でも高額が期待できます。
●最大11社の見積もりが可能なのはカーセンサーだけ。
(他社は最大10社まで)
●メールでの連絡を選べるので電話連絡が煩わしい方は助かります。


二つ使う場合はかんたん車査定ガイド→カーセンサー.net、あるいはズバット車買取比較→カーセンサー.net、三つの場合はかんたん車査定ガイド→ズバット車買取比較→カーセンサー.netの順がいいでしょう。

なぜならカーセンサー.net簡単ネット査定は買取り業者を指定できるのでチェックにより重複を避けることができるからです。

この3つに参加する買取業者ならほぼ間違いなくローン残の車の手続き代行などが用意されているはずです。

残価設定型ローンは通常のローンより中途解約しにくい?

最近やはり利用者が増えているのでしょうか、残価設定ローンの解約やローン期間中の車売却についての質問をネットで見かけることが多くなりました。

残価設定ローンでも通常のローンと同様、ローンの全額を返済すれば解約でき、車も売却できるということになります。

車のローンというのは、ローン会社があなたの代わりに車の販売店に対して全額の支払いをし、あなたはローン会社に手数料を払って分割返済しているという形になっています。

ですから、残価分も含めたローン残額を完済して清算するしか解約の方法はありません。

解約の具体的なやり方は、ローン会社によりケースバイケースのようです。

いずれにしても査定額と残価額との差額は通常のローンより大きくなるのが通常であり、その差額を現金で支払うことになります。

またローン会社によっては差額のほかに解約金が必要な場合もあるかもしれません。

上で紹介した一括見積りに参加しているような車買取店であれば手続きの代行サービスなどがあるので、手続き面では心配をしなくて済みます。


■残価設定型ローンは通常のローンより中途解約しにくい?

車を売る場合、ローンの残額を完済・清算して解約するのは残価設定ローンでも通常ローンでも同じことですが、その清算金額は残価設定ローンの方がどうしても大きくなってしまいます。

設定された残価の分が最終回まで据え置かれているからです。

もっと簡単に言えば、毎月返す金額が少ないのでローン残額が減るのも遅いということです。

ですから、清算に必要な返済額が高くなり、車の売却額でまかなえないリスクが通常ローンの場合より大きくなってしまいます。

ケースバイケースで一概に言えないかもしれませんが、少なくとも通常ローンに比べて売却金額でチャラにできる確率は小さくなるでしょう。

車にキズがあったり車の売却方法を誤ったりすれば、大きな損をしてしまうかもしれません。

その意味で、残価設定ローンは通常ローンに比べて中途解約しにくいローンといえるでしょう。

毎月確実にローン残額が減っていく通常ローンには、計算が立ちやすい、中途解約で買い替えがしやすいというメリットもあるということですね。


※ちょっとお耳を拝借
調べてみるとかなりの多走行でも車種によっては高値がつくことがわかります。
ハイラックスの327,000km、628,000円、ハイエースの430,000km、200,000円などの例もあります。
40万キロなんてすごいですね。

<最近の投稿>
人気車なら査定・買取は強気で臨む ~ 愛車が売れ筋の人気車なのかどうかを知る
外車の買取はやはり外車専門店がベスト ~ 外車専門店、外車OKの買取店を探せ
事故車でも査定・買取を行う専門業者がある ~ 事故で壊れた車が海外で再生されてよみがえる
修復歴に該当する修理なのかどうかがポイント ~ 「事故に遭った車」が皆「修復歴車」になる訳ではない
車のオンライン査定を使わない手はない ~ オンライン査定で概算相場額を知ることができる
車の査定~内装のチェック ~ シート部分の汚れやキズ、車内の臭いなどがチェックされる
車の査定~エンジンルームのチェック ~ エンジン本体、各装置などのほかに修復歴もチェックされる
車の査定~塗装部のチェック ~ 塗装の修理は必ず見破られる
車の査定~外観部のチェックポイント ~ 外観部ではボディー、塗装、足回りがチェックされる
中古車販売店が車買取へ本格参入する訳 ~ 車買取専門店に対する中古車販売店の逆襲
車買取専門店をどう利用すればいいのか ~ 車買取店巡りと一括査定の二つの方法がある
車買取専門店の無整備車の販売 ~ 中間の整備費用も省略して更に価格競争力を高める
車買取専門店の新しい販売戦略 ~ 車買取と中古車販売を合体させて中間コストを省略


<当サイトのメニュー>
ホーム所有者が誰なのかを確認ローン残のまま所有権解除売却では高額査定を目指せ
残価設定型ローン残価設定型の注意点残価設定型ローンの車を売却車のローンとカードローン
上乗せローンの注意点残価設定型のデメリット査定額が残債に届かないローンの引継ぎ

  知らなきゃ損!  車のローン、売却の耳よりな情報


このページの先頭へ