査定額がローンの残額より低い場合の差額をどうする?

車の査定額がローンの残額に満たない場合は、その差額を現金で準備し完済するのが一般的なパターンです。

でも現金の用意がむずかしい時などには、次の車のローンにその差額を上乗せすると言う方法も最近では可能になっています。

たとえば、ローン残高と車の査定額の差額が15万円であれば、次の車のローン総額160万円に差額の15万円を上乗せして、175万円で新しいローンを組むというやり方です。

ローン残額と査定額との差が比較的小さい場合はおススメの方法といえるでしょう。

ただしこの方法でには注意しなければならない点もあります。

それは、ローン会社によって上乗せローンの取り扱いが様々だということです。

中には上乗せローンを受け付けないところもあれば、上限を設けているところもあるといった具合です。

詳細はローン会社と提携しているディーラーが把握しているはずですから、事前に相談してみるといいでしょう。


また、このような場合の上乗せと「上乗せ」の意味が違いますが、カーローンを申し込む時に社外品オプション費用などを見込んで車購入費より多めに借りることができるのかという疑問を持つ場合があるかもしれません。

「できない」というのが結論ですが、新車購入時に可能なメーカーオプションやディーラーオプションなら車体価格に組み込まれますので可能になるようです。

全くの社外品であればその費用は上乗せしてローンを組むことはできないと考えた方が良いようです。

どうしてもというのであれば、銀行系カードローンなどのフリーローンを利用するという方法があります。


車を売る時、「事故歴」と「修復歴」の問題もローンと同様わかりにくいですね。

車を売買する時くらいしか関わっていないのですから無理もないですが。

※車の話アラカルト
日本の中古商用車、多走行であろうが関係なく海外では大活躍のようです。
中古トラックがスクールバスに改造されているという例もあるとか。

<最近の投稿>
人気車なら査定・買取は強気で臨む ~ 愛車が売れ筋の人気車なのかどうかを知る
外車の買取はやはり外車専門店がベスト ~ 外車専門店、外車OKの買取店を探せ
事故車でも査定・買取を行う専門業者がある ~ 事故で壊れた車が海外で再生されてよみがえる
修復歴に該当する修理なのかどうかがポイント ~ 「事故に遭った車」が皆「修復歴車」になる訳ではない
車のオンライン査定を使わない手はない ~ オンライン査定で概算相場額を知ることができる
車の査定~内装のチェック ~ シート部分の汚れやキズ、車内の臭いなどがチェックされる
車の査定~エンジンルームのチェック ~ エンジン本体、各装置などのほかに修復歴もチェックされる
車の査定~塗装部のチェック ~ 塗装の修理は必ず見破られる
車の査定~外観部のチェックポイント ~ 外観部ではボディー、塗装、足回りがチェックされる
中古車販売店が車買取へ本格参入する訳 ~ 車買取専門店に対する中古車販売店の逆襲
車買取専門店をどう利用すればいいのか ~ 車買取店巡りと一括査定の二つの方法がある
車買取専門店の無整備車の販売 ~ 中間の整備費用も省略して更に価格競争力を高める
車買取専門店の新しい販売戦略 ~ 車買取と中古車販売を合体させて中間コストを省略


<当サイトのメニュー>
ホーム所有者が誰なのかを確認ローン残のまま所有権解除売却では高額査定を目指せ
残価設定型ローン残価設定型の注意点残価設定型ローンの車を売却車のローンとカードローン
上乗せローンの注意点残価設定型のデメリット査定額が残債に届かないローンの引継ぎ

  知らなきゃ損!  車のローン、売却の耳よりな情報


このページの先頭へ