" 査定額がローン残額に満たない時はどうすればいいのか

売却金額が精算額に足りない場合の差額の調達は?

売却する車の査定額がローンの残額を上回れば、売却代金でローンを清算したうえ残りの現金を受け取ることができます。

でも車の状態が良くなかったりして査定額がローンの残額に届かない場合にはどうしたらよいのでしょうか。

不足分を現金で用意できれば問題はないのですが、金額によっては難しいこともあるでしょう。

そのような場合の解決方法は次に紹介するようにいくつかあります。

■現金不足分を新しい車のローンに上乗せすること。

ローンの清算に不足する金額を新しい車のローンに上乗せするというのが一つの方法です。

でもこれは上乗せローンの注意点でも説明したように、差額が大きい場合は難しいかもしれません。

ローン残額と査定額との差が比較的小さい場合のおススメであり、いつでもこの方法が可能とは限りません。

■車買取店独自の残債ローンを利用する

車買取店大手では、買取を円滑にするため独自の残額ローンを用意している場合があります。

新しい車のローンとは別立てに買取店の残額ローンを組んで差額を埋めるというやり方です。

査定額がローンの残額より低い場合は、その買取店に残債ローンを取り扱っているか尋ねてみればいいでしょう。

■銀行カードローンで差額現金を用意する

金利は高くなりますが銀行カードローンで足りない分の現金を用意するという方法もあります。

自動車ローンと銀行系カードローンの違いのページでも紹介したように、使い道は原則自由のフリーローンの一つで、保証人が要りませんし審査も時間がかかりません。

査定額とローン精算額の差額程度の金額であれば限度額を気にすることもありませんし、最も手軽に現金を調達できる方法です。( カードローンの詳細はコチラ こちら セゾンのマネーカード

※参考記事はコチラ ⇒ カードローンで現金を用意


いずれの方法にしろ大切なのは、新たなローンの負担が過重にならないようできるだけ高い査定額を目指して頑張ってみることでしょう。

一括査定でできるだけ多くの買取店を競わせることが将来の月々のローン返済を減らすことになります。

複数の一括見積りを使ったりするのは確かに時間と労力がかかりますが、充分見返りを期待できる作業だと思います。

<使いやすくておススメの無料一括査定>

■かんたん車査定ガイド
 入力は1分以内。申込み直後に取引実績に基づく概算価格がわかるのも便利です。
                   詳細はコチラ こちら かんたん車査定ガイド

■ズバット車買取比較
 大手を含む100社以上から厳選された8社に一括で査定依頼することができます。
                    詳細はコチラ こちら ズバット車買取比較

■カーセンサー.net
 車情報誌カーセンサーの一括査定。査定する業者の指定が可能。
              詳細はコチラ こちら カーセンサー.net簡単ネット査定

<最近の投稿>
人気車なら査定・買取は強気で臨む ~ 愛車が売れ筋の人気車なのかどうかを知る
外車の買取はやはり外車専門店がベスト ~ 外車専門店、外車OKの買取店を探せ
事故車でも査定・買取を行う専門業者がある ~ 事故で壊れた車が海外で再生されてよみがえる
修復歴に該当する修理なのかどうかがポイント ~ 「事故に遭った車」が皆「修復歴車」になる訳ではない
車のオンライン査定を使わない手はない ~ オンライン査定で概算相場額を知ることができる
車の査定~内装のチェック ~ シート部分の汚れやキズ、車内の臭いなどがチェックされる
車の査定~エンジンルームのチェック ~ エンジン本体、各装置などのほかに修復歴もチェックされる
車の査定~塗装部のチェック ~ 塗装の修理は必ず見破られる
車の査定~外観部のチェックポイント ~ 外観部ではボディー、塗装、足回りがチェックされる
中古車販売店が車買取へ本格参入する訳 ~ 車買取専門店に対する中古車販売店の逆襲
車買取専門店をどう利用すればいいのか ~ 車買取店巡りと一括査定の二つの方法がある
車買取専門店の無整備車の販売 ~ 中間の整備費用も省略して更に価格競争力を高める
車買取専門店の新しい販売戦略 ~ 車買取と中古車販売を合体させて中間コストを省略


<当サイトのメニュー>
ホーム所有者が誰なのかを確認ローン残のまま所有権解除売却では高額査定を目指せ
残価設定型ローン残価設定型の注意点残価設定型ローンの車を売却車のローンとカードローン
上乗せローンの注意点残価設定型のデメリット査定額が残債に届かないローンの引継ぎ

  知らなきゃ損!  車のローン、売却の耳よりな情報


このページの先頭へ