" 車買取専門店の無整備車の販売

中間の整備費用も省略して更に価格競争力を高める

近年、車買取事業における競合が激しくなったことから、これまで車買取を専門に行ってきた車買取専門店が販売事業の方にも取り組むというケースが増えています。

オークションを通さないで直接に販売をするわけですから、オークションへの出品に必要な経費を省くことができ、買取、販売の両面において価格競争力がアップします。

でも、オートオークションを通さないといういわば中抜き商法は、車買取専門店の専売特許ではありません。

従来の中古車販売店も同じような中抜きのビジネスを始めており、車買取専門店としても楽観視はできないようです。

無整備車の販売によって中古車販売店との差別化を図る

中抜き商法の中古車販売店に対して、車買取専門店側はどんな対抗手段をとっているでしょうか。

それは、聞きなれない言葉かもしれませんが「無整備車」の販売という形で現れているようです。

通常、車買取専門店が買取車をオークションに出品する段階で、商品価値を上げて落札額が高くなるよう修理点検が行われています。

具体的には、出品の前にオイルなどの消耗品の点検と交換、車内の消臭にワックス掛けなどが通常行われているようです。

また、中古車販売店でもオークションから仕入れた車を店頭販売に出す前に点検整備を行われ、場合によっては納車前の整備もあるかもしれません。

無整備車の販売というのは、オークション経費の省略に加え、これらの整備をも省略して中古車のコストパフォーマンスを上げようという考え方のようです。

簡単に言えば、買い取った車を基本的に整備することなく、そのままの状態で販売するということです。

万が一、買取った車にキズや不具合点を見つけたとしても車両状態表に明記するだけで修理等は行わないという売り方ですね。

車を購入する側はそれを承知の上で購入することになりますし、修理をするかしないかは購入者に委ねられるということになります。

何か危なっかしいように見えますが、考えてみると、普通に走っている車を個人間で売買する場合もそのような形になります。

こうなると何か個人間売買の仲介のような感じになってきますね。

優秀で壊れにくい日本車だから成り立つ商法か?

このような中抜き商法(オークション関連経費に加え点検整備費も中抜き)は、優秀でほとんど壊れることのない日本車だから成立する商法かも知れません。

「車とは整備が必要なもの」が常識になっているような国だったら危なくてしょうがありません。

今乗っているホンダ車なんて新車から10年間無故障で、バッテリー交換と車検以外整備したことはありません。

今すぐ他人に譲っても次の車検までそのままで問題なく走ることでしょう。

また無整備車とは言っても、そこは車のこと。

売る前に基本的な点検は行い、危険があるような車は販売されることはないでしょう。

「無整備車」というよりもバイクの場合の「現状販売」に近いのではないでしょうか。

まとめ

買い取った車を直接販売して価格競争力を上げるという「中抜き商法」は車買取専門店の専売特許ではなく、従来の中古車販売店も行い始めています。

車買取専門店では中古車販売店のこうした動きに対抗するため、更に価格競争力を上げる「無整備車」の販売を行うようになっています。

「無整備車」と言っても商品に違いはないのですから、点検の結果危険があるような車を販売することはないでしょう。

バイクの「現状販売」のようなものかもしれませんね。

<最近の投稿>
人気車なら査定・買取は強気で臨む ~ 愛車が売れ筋の人気車なのかどうかを知る
外車の買取はやはり外車専門店がベスト ~ 外車専門店、外車OKの買取店を探せ
事故車でも査定・買取を行う専門業者がある ~ 事故で壊れた車が海外で再生されてよみがえる
修復歴に該当する修理なのかどうかがポイント ~ 「事故に遭った車」が皆「修復歴車」になる訳ではない
車のオンライン査定を使わない手はない ~ オンライン査定で概算相場額を知ることができる
車の査定~内装のチェック ~ シート部分の汚れやキズ、車内の臭いなどがチェックされる
車の査定~エンジンルームのチェック ~ エンジン本体、各装置などのほかに修復歴もチェックされる
車の査定~塗装部のチェック ~ 塗装の修理は必ず見破られる
車の査定~外観部のチェックポイント ~ 外観部ではボディー、塗装、足回りがチェックされる
中古車販売店が車買取へ本格参入する訳 ~ 車買取専門店に対する中古車販売店の逆襲
車買取専門店をどう利用すればいいのか ~ 車買取店巡りと一括査定の二つの方法がある
車買取専門店の無整備車の販売 ~ 中間の整備費用も省略して更に価格競争力を高める
車買取専門店の新しい販売戦略 ~ 車買取と中古車販売を合体させて中間コストを省略


<当サイトのメニュー>
ホーム所有者が誰なのかを確認ローン残のまま所有権解除売却では高額査定を目指せ
残価設定型ローン残価設定型の注意点残価設定型ローンの車を売却車のローンとカードローン
上乗せローンの注意点残価設定型のデメリット査定額が残債に届かないローンの引継ぎ

  知らなきゃ損!  車のローン、売却の耳よりな情報


このページの先頭へ