" 外車の買取はやはり外車専門店がベスト

外車専門店、外車OKの買取店を探せ

一昔前であれば、外車の買取といえば敬遠されがちであり、中古車販売店など通常の業者では高値が期待できないものでした。

でも車買取専門店が急増してからは、一般の車買取店でも査定・売却ができるようになっているようです。

でもその価格となれば話は別で、どの車買取店でも高く、また同じような価格で買い取るとは限りません。

外車は国産車に比べて値落ちが大きいといいますが、できるだけ外車を高く売るにはどのような注意が必要なのでしょうか。


外車のイメージが変わってきた

最近では街などで見かける外車の車種や仕様には明らかに昔とは違う変化が見られます。

昔は外車といえば、アメ車に代表されるように、排気量やボディ形状の大きな車というのが相場でした。

また、外車といえば、スーパーカーなどのように家を買える程の高級車を思い浮かべる人もいるでしょう。

このような大型車や高級車のイメージが全く無くなった訳ではありませんが、最近では随分と薄らいで来ています。

このごろ街で良く見かける外車といえば、日本の道路事情に合ったコンパクトカーではないでしょうか。

また、日本よりも環境への配慮が進む欧米ではエコカーへの取り組みも進んでいて、燃費効率の高い環境に優しい外車も多く流通するようになっています。

車買取専門店においても、売れ筋の外車と古いタイプの外車とは査定基準も大きく異なって来ます。

車買取専門店の中には、流通量の多い人気車種以外の外車は買取を敬遠する店舗もあります。

古いタイプの外車であったり個性的なカスタム車などの場合は、外車専門の取扱い業者に持ち込む方が査定価格も高くなりやすくなります。

一般の車買取専門店がこうした古いタイプの外車を買取ったとしても、流通経路を持たないために結局はオークションで捌いたり外車専門の取扱い業者に横流しをするしかないからです。


外車⇒国産車の乗り換えでもディーラー下取りは避けた方がいい

外車から国産車に買い換える場合は、新車ディーラーに下取りしてもらうという選択肢がありますが、あまりおススメできません。

外車を高く買い取れるかどうかは、結局は買い取った外車を高く売れるルートがあるかどうかであり、オークションくらいしか売りさばき先の無いディーラーは高い価格をつけることができないのです。

また、国産車への乗換えなので下取を安くしても価格帯のまったく違う外車へ逃げられる心配が少ないこともディーラーが強気になれる要因になっているようです。

国産車同士の競合のように、下取りを低くしすぎて競合する他社へ逃げられてしまう心配がないというわけですね。

このようなことから、外車を少しでも高く売りたいなら国産車ディーラーの下取りは避けた方がいいといわれています。


自店で外車を売りさばける業者を探せ

外車を敬遠したり安くしか買取りできない買取専門店があるのは、オークションへの外車の出品が圧倒的に少ないため相場が不安定だという事情があります。

オークションしか再販ルートが無いため、落札相場が予測しにくい外車を高く買い取るのは難しいというわけです。

ですから、車買取専門店で外車を高く売るには、買い取った外車を自店で直に販売している買取店を選ぶ必要があります。

最近ではカーチスとかガリバーとかのように、買取車をオークションに出さずに直接店頭で販売する車買取専門店が増えてきました。

このようなスタイルでしかも外車も買取りOKという買取店であれば、外車の相場も独自に把握しているでしょうし、オークション中抜きの有利な価格で買い取ってもらえる可能性が大きくなります。

また、外車専門店もねらい目です。

何より外車知識が豊富でしょうし、外車を買いたい人を集める力もあります。

バックオーダーをたくさん抱える専門店もあるかもしれません。

しかも、買い取った外車を直接自店で販売しますので、中間マージンのない高価買取が期待できます。

外車専門店が身近に無いからといってあきらめることはありません。

主な外車専門店であればオンライン査定はもちろんできますし「無料査定日本全国対応」を掲げているところがほとんどです。


外車専門店が提携・参加している一括査定を活用

外車を高く売るには外車専門店、外車を扱う車買取専門店が狙い目であることはわかりました。

さて、そのような業者を探し出して査定してもらうわけですが、一番簡単な方法は、車の【無料】一括査定を利用することです。

一括査定にも色々ありますが、外車買取専門店、外車買取もOKの買取店が提携・参加しているような、できるだけ参加業者数が多い一括査定を選べばいいでしょう。

具体的には、カービュー、カーセンサー、ズバットなどといった一括見積りです。

これらの一括見積りを利用すれば、一度の入力で100社を超える買取業者の中から外車専門店などを探し出すことができます。


まとめ

外車は流通台数が少ないためオークションの出品数も少なく、相場が安定していません。

ですから、オークション出品をメインとする車買取専門店では、リスクを避けるため外車については敬遠したり、安くしか買い取れないことになります。

外車を高く売るためのねらい目は外車専門店と、外車買取りOKの車買取専門店です。

これらの業者は中間マージンのない買取、販売によって高価買取を実現しています。

外車専門店などを探して査定してもらうには【無料】一括査定が便利です。

<最近の投稿>
人気車なら査定・買取は強気で臨む ~ 愛車が売れ筋の人気車なのかどうかを知る
外車の買取はやはり外車専門店がベスト ~ 外車専門店、外車OKの買取店を探せ
事故車でも査定・買取を行う専門業者がある ~ 事故で壊れた車が海外で再生されてよみがえる
修復歴に該当する修理なのかどうかがポイント ~ 「事故に遭った車」が皆「修復歴車」になる訳ではない
車のオンライン査定を使わない手はない ~ オンライン査定で概算相場額を知ることができる
車の査定~内装のチェック ~ シート部分の汚れやキズ、車内の臭いなどがチェックされる
車の査定~エンジンルームのチェック ~ エンジン本体、各装置などのほかに修復歴もチェックされる
車の査定~塗装部のチェック ~ 塗装の修理は必ず見破られる
車の査定~外観部のチェックポイント ~ 外観部ではボディー、塗装、足回りがチェックされる
中古車販売店が車買取へ本格参入する訳 ~ 車買取専門店に対する中古車販売店の逆襲
車買取専門店をどう利用すればいいのか ~ 車買取店巡りと一括査定の二つの方法がある
車買取専門店の無整備車の販売 ~ 中間の整備費用も省略して更に価格競争力を高める
車買取専門店の新しい販売戦略 ~ 車買取と中古車販売を合体させて中間コストを省略


<当サイトのメニュー>
ホーム所有者が誰なのかを確認ローン残のまま所有権解除売却では高額査定を目指せ
残価設定型ローン残価設定型の注意点残価設定型ローンの車を売却車のローンとカードローン
上乗せローンの注意点残価設定型のデメリット査定額が残債に届かないローンの引継ぎ

  知らなきゃ損!  車のローン、売却の耳よりな情報


このページの先頭へ