" 人気車なら査定・買取は強気で臨む

愛車が売れ筋の人気車なのかどうかを知る

リーマンショックの影響などから景気が低迷する中で、比較的、景気の影響を受けにくいのが中古車市場といわれています。

2000年以降、国内の新車販売台数よりも、中古車販売台数の方が圧倒的に差を付けて多くなっています。

好調が続く中古車市場でもやはり人気の高い車というのがあり、そのような売れ筋の車が業界のけん引役のようになっているようです。

オーナーが車を査定・買取に出す場合も、愛車が人気車なのかどうかを知っていた方がいいのは言うまでもありません。


中古車市場ではどんな車が人気なのか

中古車における人気車の基準は、決まったものがあるのではなく、色々な捉え方があります。

例えば、新車だった車が中古車市場に出てくるのは1回目の車検を受ける時期になりますので、新車発売後1~2年の間は、中古車市場に出る台数も少ないことから、人気が出ることになります。

また、新車発売時に人気の高かった車が中古車でも人気を集めている場合もありますし、新車発売時に限定車であったものが中古市場でも人気を得る場合もあります。

その他にも、車体カラーには流行があり、概ねホワイトやシルバー色は安定した人気カラーといえます。

逆に、個性的なカラーリングやボディペイントを施してある車は、査定価格を引き下げる原因になるようです。

こうした、車買取時の査定は、その昔は新車価格を基準にした査定が行われていましたが、最近では中古車市場の相場を反映した査定が増えており、中古車市場で人気の車は、査定価格も高くなるといえるようになりました。


中古車は売れ筋をそろえることができる

中古車市場が活況を呈することは、それだけ中古車の需要があることを現しています。

各車買取専門店では、インターネットなどを活用しながら、中古車の掻き集めに躍起になっているのが現状です。

新車の販売台数は、ヒット商品の有無によっても大きく変わってきますが、中古車であれば、売れ筋を敏感に掴んで人気車種だけを品揃えすることも可能です。

例えば、オンライン上で営業を展開する車買取業者ならば、集中買取中であったり、車種を限定した高価買取のコピーを掲げることが可能です。

こうしたオンライン上のコピーに表示されている車種は、中古車市場における売れ筋の車であることを現しています。

車買取業者はユーザーのニーズをより正確にキャッチし、消費者が求める車をいち早く買取れるかが勝負となります。

自動車は様々な車種・年式・仕様・色・装備などばらばらな中で、消費者のニーズを絞り込むのは容易なことではありません。

その中で、車買取業者は少しでも売れ筋の車を集めようと、常に競いあっていることになります。


ハイブリッドカー、軽自動車が新しい売れ筋に

近年では環境に考慮したハイブリットカーへの人気が高まっています。

こちらは新車の出荷が間に合わない車種も登場をしており、一時期は新車よりも中古車の方が販売価格の高くなる、逆転減少さえ見られました。

また、ガソリンの高騰や自動車税の引上げが影響をして、最近では軽自動車が売れ筋となっており、軽自動車を専門に買取る業者も登場して来ています。

軽自動車の値落ちの小ささはちょっと驚きで、10年落ち、走行6万3千キロのワゴンRが62万円とか、11年落ち、走行8万9千キロのEKワゴンが48万円とかといった値段で店頭に並んでいます。

普通車だったら新車から10年も11年も経ったらほぼ確実に査定ゼロといわれるでしょう。

この値段で売れていくのですから、中古軽自動車の人気は相当高いのだということがわかります。

軽自動車は売り先を間違えてはいけないことがよくわかります。


まとめ

新車販売と異なり、中古車の販売では売れ筋の人気車を重点的に品揃えすることが可能であり、車買取店も中古車人気の高い売れ筋の車を競って買い集めるようになっています。

このような人気車は買取りでも実際の相場を反映した査定が行われるようになりました。

車を売却する場合は、前もって車買取店の重点買取車種などの情報で愛車が売れ筋の人気車になっているのかどうかを調べてみるのがいいでしょう。

車買取業者が競り合ってでも買い取りたい車であれば、一括査定などで高額売却を目指すことができるでしょう。

<最近の投稿>
人気車なら査定・買取は強気で臨む ~ 愛車が売れ筋の人気車なのかどうかを知る
外車の買取はやはり外車専門店がベスト ~ 外車専門店、外車OKの買取店を探せ
事故車でも査定・買取を行う専門業者がある ~ 事故で壊れた車が海外で再生されてよみがえる
修復歴に該当する修理なのかどうかがポイント ~ 「事故に遭った車」が皆「修復歴車」になる訳ではない
車のオンライン査定を使わない手はない ~ オンライン査定で概算相場額を知ることができる
車の査定~内装のチェック ~ シート部分の汚れやキズ、車内の臭いなどがチェックされる
車の査定~エンジンルームのチェック ~ エンジン本体、各装置などのほかに修復歴もチェックされる
車の査定~塗装部のチェック ~ 塗装の修理は必ず見破られる
車の査定~外観部のチェックポイント ~ 外観部ではボディー、塗装、足回りがチェックされる
中古車販売店が車買取へ本格参入する訳 ~ 車買取専門店に対する中古車販売店の逆襲
車買取専門店をどう利用すればいいのか ~ 車買取店巡りと一括査定の二つの方法がある
車買取専門店の無整備車の販売 ~ 中間の整備費用も省略して更に価格競争力を高める
車買取専門店の新しい販売戦略 ~ 車買取と中古車販売を合体させて中間コストを省略


<当サイトのメニュー>
ホーム所有者が誰なのかを確認ローン残のまま所有権解除売却では高額査定を目指せ
残価設定型ローン残価設定型の注意点残価設定型ローンの車を売却車のローンとカードローン
上乗せローンの注意点残価設定型のデメリット査定額が残債に届かないローンの引継ぎ

  知らなきゃ損!  車のローン、売却の耳よりな情報


このページの先頭へ